TOP プチ整形について プチ整形をする前に

プチ整形して後悔しない為に プチ整形について チェック!

プチ整形をする前に

プチ整形といっても、立派な医療行為。後悔しない為に事前にしっかりチェック!
プチ整形といっても、立派な医療行為。後悔しない為に事前にしっかりチェック!

体にメスを入れずに、二重まぶたにしたりバストアップをしたりと、手軽に受けることができるのがプチ整形の魅力です。しかし、いくらメスを入れないといってもプチ整形もれっきとした医療行為に当たります。医療行為である以上は、安全性が高くてもなんらかのトラブルが起こる可能性があります。二重まぶたの施術や隆鼻術、豊胸など、定番のプチ整形も例外ではないので、それらを事前にチェックした上で安全にプチ整形に臨みましょう。

  • 「医師におまかせ」では無く、術後のイメージを明確にしましょう。

    「医師におまかせ」では無く、術後のイメージを明確にしましょう。

    医師に全てを任せてしまうのではなく、自分の要望や、術後のイメージを明確に持つことが大事です。例えば二重の施術の場合、『自然な二重にしたい』、『くっきりした二重にしたい』といった詳しい要望を伝えるとよいでしょう。同じ二重まぶたでも、顔立ちの印象が微妙に変わってくるからです。また、「ボトックス注射」による小顔施術も定番です。エラのハリを解消するボトックスは、注入する量で表情筋への影響、エラの解消される程度が変わります。ですので、どの程度エラを解消したいのかを伝えるとよいでしょう。顔の二重や小顔の施術に限らず、プチ整形の多くは柔軟な対応が可能です。そのため、それに合わせた要望も明確にしておきましょう。

  • プチ整形施術の副作用やリスクについて

    プチ整形施術の副作用やリスクについて

    切らない、異物を挿入しないとはいえ、プチ整形にもある程度の副作用やリスクがあります。正しいアフターケアを行わないと副作用が悪化したり、思わぬトラブルが起こったりします。こうしたトラブルは、簡単なマッサージや患部を冷やすといったアフターケアで避けることができます。プチ整形といえば二重まぶたの埋没法ですが、術後に腫れが生じる場合があります。腫れの強さは個人差がありますが、1日から2日でほぼ収まります。表情じわの解消に効果的なボトックスは、注入する量によって表情筋が強張り、違和感のある表情になってしまうこともあります。ヒアルロン酸による豊胸は、ヒアルロン酸の注入量が多いと後で胸にしこりができてしまう場合があります。

「プチ整形」との賢い付き合い方

前述したとおり、手軽で安全なプチ整形にも相応のリスクや副作用があります。そんなプチ整形と上手く付き合っていく方法は、「副作用をよく知ること」、「正しいアフターケアの知識を身につけること」です。この2つを頭に入れておけば、万が一の時も安心です。また、カウンセリングの際に、気になっていることは些細なことでもどんどん質問しておくとよいでしょう。『二重まぶたにしたいが、術後はどんなアフターケアをしたらいいか』、『注射をした後に、内出血が起こったらどうすればいいか』というように、術後のことも見据えた質問をして、後で困らないようにしましょう。また、何かあった時すぐに相談できるよう、医師との信頼関係を築くことも大切です。

施術パーツで見る プチ整形施術方法

プチ整形と聞くと、『二重にするための整形といった、簡単なことしかできないのでは?』と疑問に思う人もいるでしょう。確かに、二重の施術はプチ整形として有名ですが、他にも鼻を高くするための施術やフェイスラインを整える施術などもあります。しかし、従来とは違いメスを使用しないもの。一体どのようにして施術を行っていくのか疑問に思う人のために、下記のページにて二重などの施術方法について詳しく説明していきます。

  • 目・二重
  • 鼻
  • フェイスライン
  • 美肌
  • プチ豊胸