施術パーツで見るプチ整形施術方法

施術箇所 プチ豊胸

バストの悩みは女性にとって深刻なもの。
バストの悩みは女性にとって深刻なもの。

ふっくらとしたハリのあるバストは、女性らしさを強調するパーツです。とはいっても、バストの形や大きさには個人差があるもの。バストの悩みを抱えているという人も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは福岡にある実力派美容外科と、福岡の美容外科で受けられるバストのプチ整形を紹介していきます。プチ豊胸は切開をしない手術で、手軽に行えるというのが魅力です。バストにヒアルロン酸や自身の血液から作られるジェルを注入するスタイルが主流なので、より高い安全性を求めている人でも安心して施術を受けることができます。手術に不安がある人はもちろん、仕上がりを自然にしたい人、施術の傷跡が心配な人でも挑戦しやすいのが特長です。

プチ豊胸のプチ整形施術ご紹介
バストアップ SUB-Q注入法

バストアップ SUB-Q注入法

SUBーQ注入法とは、高品質なヒアルロン酸を注入して手軽にバストアップするプチ整形です。バスト全体をふっくらさせるのはもちろん、バストの内側に多く注入して谷間を作ったり、バストの上部へ念入りに注入してデコルテにハリを与えたりすることも可能です。注入する量や場所を変えることで、思い通りのバストの形を作ることができます。

  • 留意点

    SUBーQ注入法というプチ整形は、医師の知識や技量が仕上がりに大きく関わってきます。まれに注射針が毛細血管に触れる場合があり、内出血が起こってしまうことも。また個人差がありますが、施術から数日は胸が張る感覚が続きます。

  • 口コミ情報

    前から気になっていた品川美容外科の福岡院で、SUB-Q注入法という施術に挑戦しました。バスト全体がボリュームアップして自信が持てるようになりました!服も、スタイリッシュでかっこいいものが着れるようになって嬉しいです。

バストアップ PPP+PRPジェル

バストアップ PPP+PRPジェル

PPP+PRPジェルとは、血液から特定の血漿成分を抽出してジェル化したもの。このPPP+PRPをバストに注入することで、自然にバストアップをすることができます。コラーゲンの生成を助ける成分も含まれているので、しっかりとしたハリも維持します。自身の血液を使うので、アレルギー反応が気になるという人にも最適なプチ整形です。

  • 留意点

    PPP+PRPジェルを使ったプチ整形の留意点は、術後に腫れや内出血がまれに起こるという点です。個人差がありますが、血行が良くなるとそのリスクが高まります。そのため、術後はサウナや長時間の入浴、激しい運動は避けましょう。

  • 口コミ情報

    プチ豊胸を受けようと思い立った時、有名な品川美容外科が地元の福岡にもあると知り、さっそく福岡院のほうでPPP+PRP豊胸を受けてみました。納得のいくボリュームになったし、何より仕上がりがとても自然なのがいいですね。

おすすめのクリニック

おすすめ★★★★★品川美容外科 福岡院
品川美容外科 福岡院

テレビでもおなじみの品川美容外科。北海道から福岡まで、全国各地に展開しています。特に福岡院は、カウンセリングの丁寧さに定評があります。プチ豊胸は福岡院でも人気の施術となっているので、福岡県内からはもちろん他の九州地域から足を運ぶ人も。また福岡院は、同フロアにスキンクリニックも併設されています。

  • 詳しくみる
  • 公式ホームページ